友「あのね、あなたの守護霊のお侍様なんだけど」 俺「はい」 友「実はその人、守護霊じゃないの」 俺「……はい?」