暗くなった道を歩きながら帰ってたら一定の距離を保って後をつけてくる男の人がいた。どうしようと思ってたら急に明るい声がした。