「世の中にこんなにおいしいものがあったのか!ああもうここでしんでもいい!」