教授「じゃあちょっと二人か三人でこのことについて話し合って」