俺の前に並んでたやつと後ろに並んでたやつが知り合いだったらしく俺を挟む形で話し始めた・・・うぜぇ・・・