中学生の頃書いた小説を俺の実家で見つけた嫁がジュニア小説に応募しようとしてる