彼「僕の知らないところで他の男と笑いあってるんだろう。手を離れたら二度と戻ってはこない。ああ、まるで君はお金のようだね。」