トメが半紙に筆でデカデカと名前を書いて持ってきた。 「お父さんが立派な名前つけてくれたわよ。家の跡取りとして恥じない素晴らしい名前なのよ」