姑と出掛けた時に、もじもじした姑が「嫁子さん、あのね、ひとつわがままを言ってもいいかしら」