夫の最後の言葉は、「おたがいみなしごだったら幸せになれたのに」でした。