「人生詰んだ。もう何でもやってやる」そんな俺の耳に、女の子の悲鳴が聞こえてきた…