俺「食事関係における君の非常識は、俺とは合わない。別れよう」彼女「社会人の彼氏がいることを友達に自慢したかった」