彼「俺が好みなんだから俺と話せ俺の話を聞け、俺が望むとおりのイイ反応をしろ」