「ああ、この人好きだなぁ。一緒に年を取れたら幸せだろうなぁ。」 その1