庭にある柚子の実を毎年知人に配っていたら、見知らぬ老夫婦が「分けて欲しい」とやってきた。しかも「来年はもっと早く来てたくさんもらって知人に分けようと思う」