飲食店で厨房がなんとか見える位置の席に座ったお客が、ずっと筋を違えそうなほど首を捻って見ていた。