陣痛のたびに旦那が肛門を押さえてくれていた