私の言葉を聞いて顔を赤面して俯くウト。ぼそっと「ごめんなさい」ってコトメが呟くのが聞こえてから目から汁が止まらなくなった。