「申し訳ありません!何か苦手な食材がありましたか?抜いたものを今すぐ用意させましょうか?」