「キリンと言う珍しい名前の私を覚えてね!」