「これをちょうだいってうちの姫が言ってるの!」と商品券が入った封筒を引ったくり、あっと言う間に人混みにまみれて逃げていった