俺「あ、すみません」おっさん「まあいいでしょう」