私がしあわせになればなるほど、彼女が悔しがるならいくらでも幸せになってやる。親が「服を買ってやれなくてごめんね」と私に泣いて詫びたあの姿を覚えてる限り復讐は続ける・・・