コトメが凸してきて家に入るなり、私(段持ち)が使ってる書道の道具をコトメ子に貸してと言ってきた。