「聞いてるの!?」と、トメが何を思ったか手を挙げてきた。