泥ママが私を見た途端、「ぎゃああああ!」みたいな叫び声上げて逃亡してしまった。