無職を恥じるわけでもなく、むしろどこか得意気