プロポーズしてきた彼が、虐待親から逃げてきた私に「子を愛さない親はいない」と言って、1人で私の実家に挨拶に行った結果…。