座席に座って寝ていたおねーさんの前に、つり革掴んで前のめりになりつつウトウトして、時々ガクンとなっているおじさんがいた。