息子に電話を代わるとおじさんが何やら話しかけ、息子が「き(・∀・)」と言った。