俺「あの、そちらの老人ホームに空きありませんか? はい。そうですか・・・130人待ち・・・」