電車を待っていた時、当たり前の顔で私達の2、3人前に割り込もうとしてきた。