自分が正しいと思い込んでいる母親は娘の恥になろうが嫌がってろうが拒否してろうが、自分のしたことは全て正しいと思ってる