「悪いからそっちは二人で半額でいいわよ!」