障害持ちの子育てに疲れた私は「このまま車にひかれてくれれば…」と、駐車場に向かってフラフラ歩く5歳を放置した。