男として、というよりも、人間としてその優しさに惚れた瞬間でした。