もう二度とあんな絶望的な思いしたくない