【泣ける修羅場】兄が中学にあがり毎日弁当を持っていかなくちゃいけなくなり、忙しい母の代わりに兄と幼い私達でお弁当を準備していた。