自他ともに認めるブサイク全開な私。小学生の頃、根拠の無い自信に満ち溢れた少女だった。ある給食時間、好きな男の子に告白!すると、男の子は泣きだし、給食も食べられなくなった