親知らずは、足が3本ある上に、そのうちの一本が返しのような役割をしていた