エネ夫「最後に頼るのは母親だな、やっぱり親子やねと思ったわ」