私が夫の一番の理解者だと思っていたが、旦那は違うタイプの女性を選んでいた。