さすが九州男児ですねと思う瞬間。