コトメが、私を目下に何時も見ていて、私が彼女より少しでも優れていたらダメらしい。