なんと言っていいかわからず、なぜか俺は「浮気者!」と叫んだ