あの、阪神淡路大震災の日。俺は兄の安否を確かめに・・・。