高校生の頃、学園祭の準備で遅くなり、暗い夜道を一人で帰ってたら背後から来た車が隣に止まった。