好きな人が自販機のコーヒーを奢ってくれた、この空き缶を捨てずに記念にとっておくべきか真剣に考えている