途中からしかなかった私の人生の記憶、ある時バーっと蘇ってきて思い出した