「別れてくれ」と泣きながら告げられ、納得いかないので話し合い→姪っ子同伴!?「子ども好きなんだ」と素直に信じていた。彼「本当にごめん。私子には嘘つきたく無かったんだ!」